「呼吸する家」の仕組み

快適・省エネ・健康 3拍子揃った「呼吸する家」

空気がきれいに!「家全体が空気清浄機」と言われる理由

「呼吸する家」では通気層に空気が流れることにより気圧の変化が生じ、室内の湿気及び化学物質が排出されます。(信州大学・九州大学の実験結果から立証されました)

 

現行の住宅では、室内の空気改善は換気扇などの機械換気に頼らなければなりませんでした。しかし、「呼吸する家」の通気断熱WB工法では、これら機械換気に頼ることなく、「透湿透過により室内環境が改善される」ことが立証されました。

 

二つの通気層と効果的な断熱、そして通気口の開閉を形状記憶合金による自動開閉装置(形状記憶式開閉装置)により家自身が自然な通気コントロールを行うことが可能となりました。

壁から通気層へ湿気と学物質が自然に排出されるメカニズムはまさに家全体が空気清浄機!

 室内の空気をいつも新鮮でキレイな状態に保つことができます。

 

 

夏は涼しく,冬は温かい、その秘密は?

 

暑い日には、各所の通気口が自動的に開き、自然な換気をします。 床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに第2通気層を上昇してハットヘルスから排出される冷却層をつくり、家全体に涼しさをもたらします。

 

 

寒い日には、各所の通気口が自動的に閉じ、保温効果の高い住まいにします。第2通気層は保温層となり快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。冬場の大敵、結露も起きません。

夏に涼しい秘密は?

夏の暑い日には換気口が高い熱を感知し自動的に開き、人が衣服を脱いだ状態になり(壁の中の通気層が二重の冷却層になります)、部屋の中は外気温に直接暖められず、快適な涼しさを保ちます。

 

 

 

冬に温かい秘密は?

 冬の寒い日には冷たい温度を感知し自動的に通気層を閉じ、人が衣服を重ね着した状態になり(壁の中の通気層が保温層になります)、部屋の中は外気温に冷やされず、快適な暖かさを保ちます。